ソーラー発電 与那国島 自衛隊駐屯予定地の場所
So-net無料ブログ作成
検索選択

与那国島 自衛隊駐屯予定地の場所 [ニュース]

与那国島 自衛隊駐屯予定地の場所


与那国島に配備されることが決まった自衛隊の沿岸監視部隊

その具体的な場所を画像つきでまとめてみた。

この記事は、国防的な意味合いではなく、
純粋に観光目当てで自衛隊駐屯地を見に行く為の
簡単な目安となるだろう。


~目次~

↑クリックでジャンプできます!



yona_map12.jpg
http://jptopic.org/




与那国島 自衛隊が配備される場所



index.jpg
http://2013-chuugoku-no-ayumumichi.blogspot.com/

与那国島はそもそも、日本の最西端にある小さな島で、
国交状態の不安定な中国
日本で最も近い場所だ。


その為、やはり自衛隊駐屯地は
与那国島の中でもほぼ最西端に当たる久部良(くぶら)地区となる

ここは正真正銘の日本の最西端である西崎を見渡せる他、
中国・台湾から近付いて来る船舶を監視するのに適している。





アクセス・レンタカー


久部良地区へは与那国空港から車で10分程度。

レンタカーを利用したい場合は、
与那国空港のターミナル内に米浜(よねはま)レンタカーの窓口があるので、
そこに申し出ればいい。

日帰りプランから1ヶ月の貸し出し、
更には港や民宿までの無料送迎サービスなども行っており、対応は手厚い。

また、与那国島自体がごく小さな島である為、
車1つあれば端から端まで30~40分ほどで行き来できてしまう。


この辺りの観光名所は

「日本最西端の小学校
「日本最西端の中学校」
「日本で最後の夕日が見られる場所」

と、おおむね「最西端」であることが最大の見所だ。

与那国島から那覇までの距離は実に650km
これは東京から兵庫県姫路までの距離に相当する。

一方、台湾までの距離はわずか100km未満しかない。

晴れた日に西を見通せば、
はるか彼方に台湾本土を望むことが出来るという。




自衛隊駐屯予定地となる場所は
町から見ると八重山郡の向こう側にある為、
民宿から徒歩で行くとなると、もはやちょっとしたハイキングとなる。



島の場所


ちなみに、与那国島の位置関係はこの通り。

map.png
http://blog.canpan.info/


20130624194328f04.jpg
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/

本土から遠く離れたこの与那国島に、
我々と同じ日本人が暮らしている。

引きで見ると島が存在することすら気付かないほど小さい。


この小さな島が、自衛隊の配備により
日本にとって、ひいては世界にとって
重要な場所となっていくと思うと、何とも胸が熱くなって来る。


【関連記事】



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。