ソーラー発電 飛行機での乱気流 体験談を語る
So-net無料ブログ作成

飛行機での乱気流 体験談を語る [ニュース]

飛行機での乱気流 体験談を語る

タイ国際航空641便が乱気流に巻き込まれた事故を受け、
主にこれから飛行機に乗る予定のある人達の間などで
乱気流に対する不安が高まっている。

そこで、バタフライ・ジャーナルは、
実際に飛行機に乗っている時に
乱気流に遭遇した経験のある人を調査した。



この記事の本編である体験談に入る前に、
前提として、我々が乱気流に遭遇する確率や、
乱気流が発生しやすい状況などをまとめておいた。


今後飛行機に乗る機会がある人にとっても
危険を回避するのに役立つ指標になるはずだ。
~目次~

↑クリックでジャンプできます

Turbulent_gust_front_-_NOAA.jpg
http://ja.wikipedia.org/



乱気流はどんな状況で発生するのか


そもそも乱気流というのは、
一般的に空気の流れが渦を巻いた状態を指す。

乱気流は大気が不安定な状態で発生しやすく、
積乱雲や台風の近くでは多く見られる。


また、大気が不安定な状態というのは、
簡単に言えば地上と上空の温度差が大きい状態を言う。

空気は原則的に地面に近いほど温かく、
高い所ほど、そして湿っているほど冷たくなる。


この温度差による空気の流れが
乱気流の根本的な正体と言える。

天候が悪い時に飛行機が運航を見合わせるのはこの為だ。


そして、温度差というのも場所や空気の状態によって変わるので、
従って乱気流にも微小なものから巨大なものまで存在する



飛行機が乱気流に巻き込まれる確率は?

では、我々が飛行機に乗った際、
乱気流に巻き込まれる確率はどの程度なのか。


実のところ、厳密にはいかなる飛行機も
数時間に1回程度の頻度で
乱気流に遭遇していると言われている。


ただ、よほどの長距離航行でない限り、
飲み物がこぼれるほどの揺れを体験する
乱気流に遭うことは滅多にない。


641便のように、乗客や乗員が怪我をするほどの乱気流に
旅客機が巻き込まれるケースは、
世界的に見ても年に数件程度だ。


乱気流によって飛行機が墜落した事例も皆無ではないが、
これは年に数件どころか、歴史的に見ても数える程度しかない。

(あくまでも乱気流によるものに限った統計だ)



飛行機での乱気流体験談①


仕事の関係で頻繁に飛行機に乗るというAさんの体験談。

「長距離フライトの場合は数回に1回くらい」
の頻度で乱気流を体験しているという。


Aさんはニュージーランドからの帰国便に乗っている最中、
比較的大きな乱気流に突入し、
震度2くらいの地震のような揺れを感じた。


乱気流に備える旨のアナウンスなどは流れておらず、
Aさんは通りかかった客室乗務員にコーヒーを注文した。

その時、飛行機が突然急降下し、
機内は10秒ほど無重力状態になった。


大勢の乗客が悲鳴を上げ、
中には天井に頭をぶつけた人もいた。

更には客室乗務員が運んでいた食品カートまでが
高く舞い上がり、天井に当たったという。


Aさんは飛行機に乗る際、
常にシートベルトをするよう心がけていた為、事なきを得た。


客室乗務員は乗客全員に聞こえる声で、
席に着いてシートベルトをするよう呼びかけた。


その後、地震に似た揺れが15分近く続いたが、
先のような無重力状態になることはなかった。




飛行機での乱気流体験談②

続いては、悪天候の中、出張の為に国内便に乗ったBさんの体験談。

彼にとって初めての飛行機だったが、
そこで運悪く大きな乱気流に遭遇したという。


その日、羽田空港では、激しい雨の為
国内便の欠航や遅延が相次いでいた。

Bさんの乗った飛行機は予定通りに出発したが、
雨雲の中を長時間飛行し、吹き荒れる強風に打たれ続けた。


Bさんはその時の状況を
「揺れていたというか、バウンドしていた」
と話している。


機内には
「かなり揺れますが、無事に到着しますのでご安心ください」
といったアナウンスが流れていたが、
Bさんは正直信じ切れずにいた。


やがて、Bさんは激しい揺れの為、吐き気を催し、
遂にはトイレで嘔吐してしまったという。




AさんもBさんも、飛行機に乗る時は
今でもこの日の体験を思い出すが、
飛行機での旅は、車や電車に比べて、おおむね快適だそうだ。


我々も、飛行機に乗る前に
通り道の天候をチェックしておいた方がいいかもしれない。

【関連記事】
飛行機での乱気流 体験談を語る
飛行機が乱気流に遭遇 日本での前例
乱気流による怪我の頻度



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。