ソーラー発電 後藤浩輝が死亡…理由見えぬ自殺 真相に迫る
So-net無料ブログ作成

後藤浩輝が死亡…理由見えぬ自殺 真相に迫る [ニュース]

後藤浩輝が死亡…理由見えぬ自殺 真相に迫る


264801077_c2caec19e6_20120201194012.jpg
2chkeibanews.blog39.fc2.com

~目次~

↑クリックでジャンプできます



後藤浩輝が死亡 考えられる理由

JRAの後藤浩輝騎手が27日、自宅で首を吊って死亡しているのが発見された。

遺体の状況から、今のところ自殺と見られている。

ほんの数時間前にfacebookを更新し、
元気な姿で写った写真を投稿しているにも関わらず、
なぜ自殺に踏み切ってしまったのか。


遺書の類も見付かっておらず、
自殺だとすれば、本当の理由は後藤浩輝本人にしかわからない。

ただ、後藤浩輝死亡の裏には、いくつかの説が存在し、
いずれも真っ当な根拠のあるものだ。


あまりにも突然のことで、関係者及び
ファンの方々も混乱されていることと思うが、
この記事が真相究明の一助となれば幸いだ。


後藤浩輝 心の闇深く


後藤浩輝は元々精神的にかなり繊細な人物であった。

幾多の困難にぶつかってはなんとか乗り越えて来たものの、
その都度傷つき、自信を挫かれていたのかもしれない。


特にここ数年は落馬により頚椎や頭蓋骨を何度となく骨折していた。

参照記事
落馬の原因を作った岩田騎手と北村騎手について


後藤浩輝のような、人一倍責任感が強く、自ら行動していくタイプの人ほど
実はうつ病になりやすいと、専門家は語る。

うつ病というのは、外からではわかりにくいことが多々あり、
診断材料も本人の言葉や態度が大きな部分を占めている。


殊に後藤浩輝のような真面目な人であれば、
本当は泣きたいくらい辛のに、周りに心配をかけまいとして
いつも明るく振舞っていたとしても不思議はない。


そして事実、後藤浩輝は一時期精神に問題を抱え、
専属のカウンセラーを付けていた。



ファンや関係者の為を思い、必死で馬に乗り続けた後藤浩輝だが、
彼が本番前に感じていたであろうプレッシャーは計り知れない。

後藤浩輝が死亡した今日は、彼が再びレースに臨む予定だった
28日のまさに前日だ。


時が迫り来るに連れて、馬に跨った自分の姿が鮮明に思い描かれ、
ファンの期待やレースのこと、更には自身が立て続けに事故に遭い、
心身ともに大きな苦痛を味わったことなど、
色々と考え込んでしまっていたとしても無理はない。


辛い時こそ笑顔で乗り切って来た後藤浩輝にも、
限界が来てしまったのかもしれない。




首吊りは事故?

一方で、首吊りが純粋に事故だったとする見方もある。

「首を吊る」という行為が、自殺でも何でもなく行われることは
実は結構ある話なのだ。


例えば後藤浩輝に関して言えば、頚椎を骨折した後遺症で、
首の痛みがひどく、眠ることすらままならないこともあった。

その痛みを解消する為のリハビリとして、
首にベルトを引っ掛けてゆっくりと体重をかけるというものがある。

4655008a.jpg

e1a876f3-s.png
http://blog.livedoor.jp/

これは本来病院など専門的な施設で行うものだが、
後藤浩輝が眠る際に首の痛みに耐え切れず、
自宅で同じ事をやろうとしたとしても不自然ではない。


彼が実際にどのような体勢で首を吊っていたかは不明だが、
何かの拍子に足が付かなくなってしまったり、
勢い余って頚椎を傷め、気を失ってしまった可能性は、充分に考えられる。


あるいは、思い詰めている時に首に縄をかけてしまったことが、
自殺への衝動に繋がったのか。



本当の真相がどうあれ、後藤浩輝はもはや帰って来ない。


今私達に出来ることは、彼の誠実な生き方が
天国で報われるのを祈ることだ。



【関連記事】
後藤浩輝 自殺か その時、岩田と北村は……
後藤浩輝 嫁・湯原麻利絵 ブログ更新せず
後藤浩輝 落馬 回数と原因 報道まとめ
後藤浩輝 うつ病か 遺書なく、真相いかに


スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。