ソーラー発電 後藤浩輝 自殺か その時、岩田と北村は……
So-net無料ブログ作成
検索選択

後藤浩輝 自殺か その時、岩田と北村は…… [ニュース]

後藤浩輝 自殺か その時、岩田と北村は……

後藤浩輝騎手の死去について、遺書の類が見付かっておらず、
関係者も動機が思い当たらないと語っていることから、
自殺だったのか、事故だったのか、真相は今も明確になっていない。


後藤浩輝は幾度にも渡る壮絶な落馬により首を傷めており、
ベルトやタオルなど帯状のもので首を引っ張る治療を受けていた。

参照記事:
後藤浩輝が死亡…理由見えぬ自殺 真相に迫る


これは寝返りなどに伴う痛みを軽減する意味合いがあり、
後藤浩輝は自宅でもこれを行っていた可能性が高い。


この行為が何かの弾みで事故死に繋がった可能性も考えられるが、
ここでは別の視点から後藤浩輝の死因に迫る。

それは、後藤浩輝の負傷から来る精神的な苦悩だ。

この記事では、後藤浩輝が怪我をするキッカケとなってしまった
岩田康誠騎手、北村宏司騎手との関係性を紐解いていく。

~目次~

↑クリックでジャンプできます

4ec6b3fa.jpg
www.akb48matomemory.com



落馬”2度” 岩田康誠騎手による走行妨害


後藤浩輝は、岩田康誠の斜行に2度も巻き込まれ、落馬・負傷している。

1度目は2012年5月6日のNHKマイルカップで起きた。

シゲルスダチに騎乗し、最後の直線コースを走っていた後藤浩輝の前に、
岩田康誠の乗るマウントシャスタが狭い隙間を狙って突然割り込んだ。


シゲルスダチはマウントシャスタと接触し、
つまずくように勢いよく転倒。

後藤浩輝はコースに叩き付けられ、首の骨を折る重傷を負った。


その時の映像




更に2014年4月27日、東京競馬第10レースにて、
別の落馬事故による怪我から復帰したばかりだった後藤浩輝に、
再び悪夢が襲い掛かる。

ジャングルハヤテに騎乗していた後藤浩輝は、最後の直線で、
リサコラージュが前方に突然割り込み、接触。

転倒した馬(体重約5000kg)が後藤浩輝の体にのしかかった。

この時リサコラージュに乗っていたのも、
2年前と同じ岩田康誠だったのだ。




岩田康誠は、わずかなスペースでも果敢に狙っていく過激な騎乗スタイルで、
JRAでは「馬2頭分」と指導されているのに対し、
岩田康誠はほぼ「馬1頭分」の隙間でも容赦なくこじ開けて走るのだ。

2012年の走行妨害に対しては
「殺人騎乗」
などといった非難の声も強かった。



2014年10月の写真
後藤浩輝が岩田康誠と和解した様子を見せる。
cb2ec538.png
http://keiba.blog.jp/


死の直近にも事故 北村宏司騎手


後藤浩輝が死亡する6日前、2015年2月21日の東京G3
ダイヤモンドSにて、公式レースで4度目となる落馬。

2週目4コーナーで、北村宏司騎手の騎乗するフェイムゲームが
後藤浩輝の乗るリキサンステルスの進路を狭めた。

これがキッカケとなり、リキサンステルスは前の馬につまずいて転倒。

後藤浩輝は頚椎を捻挫したが、
翌日のレースには何事もなかったかのように出場していた。

リキサンステルスは右上腕骨粉砕骨折で
しばらくレースに出られなくなった。


ちなみに、怪我をしたリキサンステルスは
北村宏司が大切に乗って来た馬であり、
北村宏司は勝利インタビューでも複雑な表情をしていた。



後藤浩輝が自殺 その後…


後藤浩輝が首を吊って亡くなった27日
彼の活躍を長年見守って来たファン達は、
首の怪我が後藤浩輝を苦しませていたのではないかと推測した。


一度骨折を経験すると、付近の骨が以前より折れやすくなる。

しかし、脆くなるのは骨だけではない。

骨折の経験は、その人の心に多かれ少なかれ
恐怖心を植えつけてしまう。


持ち前の向上心と忍耐力で復帰後も結果を残して来た後藤浩輝だったが、
全盛期の走りと負傷後の自分の在り方に
ギャップを感じていたのかもしれない。


また、後藤浩輝のようなサービス精神が旺盛な人物は、
ファンや関係者達を安心させようと、いつも明るく振舞う一方、
そんな自分のイメージに反する不安やストレスを
1人で抱え込んでしまう傾向がある。


皆の為に「大丈夫、頑張ろう」と決意して
元気な姿を見せた矢先、1人になった途端に
多くの人を期待させたことを後悔する。


これは、高いパフォーマンスを発揮する時期と
気力を完全に失ってしまう時期が周期的に現れる
躁鬱病の人に見られる特徴だ。


後藤浩輝に騎手生命に関わる怪我を負わせてしまった岩田康誠と、
直近に落馬事故のキッカケを作ってしまった北村宏司は
近々取材の標的になるかもしれない。


まだ公的な形でのコメントは出ていないが、
2人の困惑と苦悩も想像に難くない。


【関連記事】
後藤浩輝が死亡…理由見えぬ自殺 真相に迫る
後藤浩輝 嫁・湯原麻利絵 ブログ更新せず
後藤浩輝 落馬 回数と原因 報道まとめ


スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。