ソーラー発電 マイナンバー制度とは 簡単にわかりやすく解説
So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナンバー制度とは 簡単にわかりやすく解説 [ニュース]

マイナンバー制度とは 簡単にわかりやすく解説


預金封鎖というやや物騒なキーワードの浮上と共に、
これから日本で起こること、そして私達自身が取らねばならない対策と
切っても切れない関係にある、マイナンバー制度


マイナンバー制度は2016年に実施されることになっているが、
多くの人はこの制度がどんなものであるのか
把握しきれていないのが現状だ。


この記事では、マイナンバー制度とは何であるのか、
誰でも簡単にわかるように解説していく。


”昆虫でも読めるニュースサイト”バタフライ・ジャーナル
こういう時の為に存在するのだ。

~目次~

↑クリックでジャンプできます

c2b1b6bc.gif
http://crx7601.com/



マイナンバー制度とは?

まず、マイナンバー制度とは、簡単に言えば
国民1人1人に固有の番号を付ける制度だ。

人間を番号で管理することで、
誰が、どこにいて、いくら稼いでいて、いくら貯金していて、
いくら税金を払っているかが一目でわかるようになる。


これにより、生活保護などの不正受給や、
税の負担を不当に軽くするなどのイカサマが難しくなる。

逆に、適正な手当てや援助が行き渡っていない人が明確になり、
本当に困っている人達が、税の恩恵を正しく得られるようになる。


また、役所で目にする大量の書類がすっきりまとまり、
住民は引越しや結婚などの手続きが簡単になると共に、
これまで長期間かかっていた政府側の対応も早くなることが期待される。



マイナンバー制度が施行される日

マイナンバー制度自体は2016年1月から実質有効となる。

が、その前の2015年10月に、
国から発行される「通知カード」で、
在日外国人を含めた国民1人1人に番号が与えられる。


マイナンバーは一度設定されたら原則的に一生変更が利かない。

そうでなくては番号の管理が面倒になり、
今までと何も変わらないからだ。


通知カードが届いたら、市区町村に申請を行うことで
「個人番号カード」を発行してもらえる。

それは正式な身分証としての効力を持つものだ。

税金の支払いや手当ての受け取りに必要となる他、
勤務先や保険会社との契約書にも
マイナンバーを記載する欄が作られるだろう。


マイナンバー制度のデメリット

マイナンバー制度が施行される上では、
いくつかのデメリットが指摘されている。

個人情報漏洩のリスクがわずかながら存在する他、
金融会社がシステムをマイナンバー制度に適応させる為、
何年も対応に追われることになるのはもちろんだが、
それらは当事者に任せるとしよう。


一番問題なのは、私達の資産預貯金額が
政府に筒抜けになるということだ。

これは、誰が、いつまでに、いくらまでなら払えるか
を、国によって精査されることを意味する。


政府がマイナンバー制度を通して本当にやりたいことは、この部分にある。

国民の公正な管理というのは、
マイナンバー制度の一面でしかないのだ。


そして、国の財政が破綻した場合、引き金は引かれる。

預金封鎖だ。


マイナンバー制度の施行後、
預金封鎖が実行されたら何が起こるのか。

この点については、前例と対策方法を交えて
次の記事で解説する。

マイナンバー施行……預金封鎖への対策は?

その他 人気の記事(一覧ページに飛びます)


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。